そうめんと冷麦(ひやむぎ)の違いは

冷麦はうどんと同じで小麦粉を塩水で練って生地を延ばし細く切った物が冷麦になります。直径1.3mm以上〜1.7mm未満の太さです。

そうめんはと言うと小麦粉、塩水の他に食用植物油が加わります。

太さは直径1.3mm未満がそうめんとなります。

現在、そうめんと冷麦との違いは、乾麺類の日本農林規格(JAS)で、次のように太さの違いで分けられます。

素麺(そうめん)

断面が角状(幅0・7ミリ以上1・2ミリ未満、厚さ約1・0ミリ)丸状のもの(直径0・8ミリ以上1・3ミリ未満)と
定めています。(JAS)

冷麦(ひやむぎ)

断面が角状(幅1・2ミリ以上1・7ミリ未満、厚さ約1・0ミリ以上1・3ミリ未満)丸状のもの(直径1・3ミリ以上1・7ミリ未満)
薄くて平たい麺。乾麺は、幅が4・5ミリリ以上、厚さが2ミリ未満の帯状の形をした麺「干しひらめん(きしめん)」と定めています。(JAS)
| 一般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。