あきたこまち と コシヒカリとは?

あきたこまち

昭和59年にコシヒカリと奥羽292号を掛け合わせて誕生した。
秋田県、岩手県をはじめ、広く栽培されている稲の品種。

コシヒカリを元に、秋田県の気候に適した品種を目指し、1982年に秋田県農業試験場が開発。

秋田県出身の小野小町にちなみ、「あきたこまち」と命名。

粘り気が多く、甘味層も厚く、香りも豊か。

冷めても固まりにくいので、おにぎりなどにも向いている。


コシヒカリ

味がよく粘りもあるので非常に人気が高く、全国で最も多く栽培されているが、地域によって味などのばらつきなどもある。 新潟県の魚沼地区で栽培されたものが最も優れているとして有名である。コシヒカリの発祥の地が実際には福井県なのに新潟県と誤解されるのはそのせいでもある。

このため、コシヒカリの"コシ"を越後の"越"あるいは、誕生地である福井県にちなむ越前の"越"だと思っている者も見受けられるが実際には更に範囲の広い越国(現在の福井〜山形付近)の"越"である。

コシヒカリの誕生後、コシヒカリと他の品種を掛け合わせてあきたこまちやひとめぼれ、ヒノヒカリなどコシヒカリ系統の新品種が誕生した。

「コシヒカリ」の血を継ぐ子孫に「あきたこまち」、「ひとめぼれ」、「ヒノヒカリ」、「きらら397」等がある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33619005

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。