「土曜の丑」とは?

「土用」は暦法で、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のこと。

「丑の日」の丑は、十二支の丑です。
(十二支:「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」)

昔の暦では、年だけでなく日付にも十二支を割り当て、子の日、丑の日、寅の日…と数えていました。つまり、「土用」の期間中にある「丑の日」が、「土用の丑」なのです。昔から夏の土用の丑には、夏バテ防止のために精のつくものを食べる習慣がありました。そうなったきっかけは諸説ありますが、江戸時代の発明家・平賀源内が、夏場にうなぎが売れないことを嘆いた近所のうなぎ屋に頼まれ、看板に「本日丑の日」としたためたのが始まり…という説が有名です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。